この日記は何故かSF系日記更新時刻に捕捉されています。
これらのアンテナにも捕捉されてます。

exa5(この日記を置いてるサイト) Top
kansuke.jp(この日記書いてる人間のサイト) Top/about/text/BBS/V-antenna

V林田日記(ダメな)

転身だァァッ! 気力だァァッ!

―NEW JACK拓郎『五星戦隊ダイレンジャー』より


2003年03月03日(月)
恥ずかしながら_

帰ってまいりました。

なお、ギャラージェルは見ていません。最初は祖母宅にて見るつもりだったんです。が、祖母に「彼女とかは居るの?」と訊かれてしまいまして…。どうも唯一の男孫である私の行く末を案じているようなのであります。こうなると蘭花さんでハァハァしてる姿は見せれません。
こばげんに録画は頼んだんで後で見ます。

-
宮脇俊三氏が亡くなられたそうで。
…激しくショックです。鉄ヲタにとってあの人は神に近い存在ですから…。ただただ、合掌。

なお、宮脇俊三を読んだことがないという人がもし居られましたら、この機会に是非読むことを強くお薦めします。「自分は鉄ヲタじゃないから…」などと躊躇う必要はまったくありません。あの人は鉄道本業界において唯一の(まぁ百里痢岼に捨鷦屐廚鯑れていいなら唯一じゃなくなりますが…)非鉄ヲタが読んでも十二分に面白い本を書く人です。基本中の基本である「時刻表2万キロ」辺り読んでみてはいかがでしょう。

-
<今週の「週刊 鉄道の旅」>

只見線と会津鉄道。長岡藩家老の話とか只見ぜんまいの話とかが延々続く文章は(鉄ヲタ的には)イマイチ。写真はとても綺麗なのですが…。

-
コレはなんかすごく気になります。私"姉萌え"属性持ちです故。
なお、lowlifeさんのコメント
>ただあからさまに年下だが姉と言い張る幼女とか
っていうのに激しく同意なのですがしかしそれってまるっきり「成恵の世界」の香奈花になりそうな気もします。

-
今日の買い物
いがらしみきお「ぼのぼの」22巻 バンブーコミックス 竹書房
石川雅之「週刊 石川雅之」 モーニングKC 講談社
ブロッコリー/水野良/かなん「ギャラクシーエンジェル」3巻 角川コミックス・ドラゴンJr.



2003年03月04日(火)
"運命"という名の戦いはこうして幕を閉じた_

生まれて初めて馬車道というものに行きました。男の店員ばっか居ましたが。

-
しかし昨日のコレ、自分の周りの人間がみんな興味を持っていたのにはビビりました。

-
はてなダイアリーを申し込んではみたんですが、どんな感じにするかで思案中。
普通に使うだけじゃこの日記とあんま変わんないんですよね…。

-
今日の買い物
梅澤春人「SWORD BREAKER」2巻
 ありえないデザインの鎧、集合して一瞬で全滅する中ボス、名台詞「"輝く足"がはえたーー!!!」など全てが常人の予測の範疇を超えた当代随一の奇書。金を出して買うものでもない気はしますが。



2003年03月05日(水)
こういう日記を後で読み返して懐かしく思ったりするのだろうか_

今一つやる気の出ない日々。もっと就活せんといかんのですけどね。
まあ就活以前に来年卒業できるかが色々危ないのですが。

-
買い忘れてたSFマガジン購入。

-
今日の買い物
稲垣理一郎/村田雄介「アイシールド21」1・2巻 ジャンプコミックス 集英社
手塚一佳/しけたみがの「鋼鉄の少女たち」1巻 角川コミックス・エース



2003年03月06日(木)
世の中金と女っす_

録ってもらってたガラクシを見せてもらいにこばげん宅へ。
顔を合わせるとどうも暗い話ばかりになって困ります。「生きるの面倒くさいよー」とかそういうの。
いや、金さえありゃこういう悩みも吹っ飛ぶんでしょうけど。

-
<今週の「週刊 鉄道の旅」>

今週は紀勢本線と近鉄鳥羽・志摩線。観光地が多い沿線だけにそれの紹介が非常に強くなるのは致し方のないところでしょうか。まあ先週号よりは良かった。

-
こがわみさき「セツナカナイカナ」がどこに行っても見つからなくて困ります。



2003年03月07日(金)
虫は高タンパク_

バイト先でトンデモ本を買ってく人が居るとなんか思わず説教を垂れたくなります。今日も「水は答えを知っている」を注文する人が一人…。しかも2冊。

-
虫食通信(ネタ元:豊田家の庭さん)

セミやトンボといった普通に食用な奴らからムカデやナメクジなどあんま食わない奴らに至るまで色々と。
おすすめメニューリストを見ると、ミールワームはかなり食材として有用っぽいですね。

あ、一応念の為に言っときますが、当然虫の写真多いので苦手な人は注意。

-
荒れるがままの山田悠介公式サイトゲストブック(ネタ元:徘徊の記録さん)

利根川コピペまで出てくる始末。もう完全に収拾がつかなくなってます。スゴイな。

-
今日の買い物
筑波さくら「目隠しの国」7巻 花とゆめコミックス 白泉社
 かなでのエリちゃんへの告白シーン、雑誌ででも読んでいるんですが、ああ、これはやっぱとても良いや。いつもなら「会長まだー」とか「百合だー」とか言いそうなものですが、そういうことを言う気も起こらない。このマンガ読んでてホント良かったです。

しかしこういうことを思ったのは、ただ単に俺が疲れてるというだけ故なのかも知れません。



2003年03月08日(土)
明日には、そう明日には何か_

滝本さんの出てるテレビの再放送を眺めながら、ひっそりとこれに参加中。チュチュ様が来たのには心底びっくりしました。

-
しかしひきこもりの人の訴え、他人事に思えないのが多くぐんにょり。

-
履歴書送った某社から説明会の知らせが。どうやら書類選考は通過したらしい。少し嬉しい。



2003年03月09日(日)
アバレ アバレ アバレまくれ Get up!_

昨日(というか今日か)のmhkチャットではすこしアバレ過ぎた気もします。いくら狼とはいえ…。

途中まではカジシンとか横順とか小松左京とかSFの話ばっかりしてたんですけどねぇ私は。ホントですよホント。
あ、この流れなら最後は梶尾真治「包茎牧場の決闘」の話をしとくべきであったか…。

-
しかしアバレンジャーのOPは何度聞いても素晴らしいですなぁ。
特に「アバレた数だけ強くなれる アバレた数だけ優しさを知る」っていう歌詞、正気の人間が書いたとは思えません。すげえ。

-
で、今週のガラクシ。

<第45話>
蘭花さんのシャワーシーンで喜んどくのが正しいあり方なんでしょうか。うーん、他にあんまり言うことがないですね。こんぶ。

<第46話>
ショタが宇宙刑事スーツ着るなんて設定はすっかり忘れてました。シュールっちゃあシュールな話ですが、うーん。

正直、最近のガラクシはちと微妙かなと。予告ばっか面白いってのは…。

-
鈴木慎一さんの日記で見つけた少女漫画家占い
白泉系が多く出ました。田中メカや川原泉を入力しては当然の帰結か。



2003年03月10日(月)
あけましてねこきっさ_

昨日、大学の最寄りのイトーヨーカドーでアバレンジャーショーがやってたらしく。見に行きゃ良かったかな。

-
あ、そういえばチャットで私「ウチの店なんてハヤカワはグイン以外ほとんど入荷しません」と書いちゃってますが、コレSF(及びJA)の話です。ハヤカワでもHMとNVの方ならもうちょっと入荷してます。一応フォロー。

-
今月の「まんがタイムきらら」購入。
そうか先月載ってたんだから今月は原田たけひと「202号室」が載らない月か。トリコロねこきっさ777組眼鏡といった高位安定陣は載ってるからいいですけれど。

しかしこの雑誌、ホントどう評価すればいいのかよく分かりません。4コママニアの人の意見を聞きたいですよ。



2003年03月11日(火)
エスパーだ、エスパーが居る_

mhkさんに置いてあるKids goo checkerを試してみる。
ウチの日記もはじかれました。何が悪いのかなーと調べてみたところ、どうやら「幼女」がいけなかったようです。
しかしここで不思議なのは、mhkチャットのログにおける「ちんこ」や「包茎」、あるいは現在のトップに書かれている「外出し」などは本来完全に引っかかるはずの単語であるのにフィルタをすり抜けてしまっているということで、これはもうスズキさんが不思議な力を発揮してサイトを守っているとしか思えません。

-
Tobepop!さんより「プレアデス!」。
やはり荒木さんは最高だ…。

しかしアフリカ!!は、球七があからさまに嫌そうな顔をしているのが何度見ても素晴らしいですね。球八と球五(それとも球六か? この二人の区別がつかない)も微妙なツラだし。

-
今日の買い物
こがわみさき「セツナカナイカナ」 ステンシルコミックス エニックス



2003年03月12日(水)
うーわんわん_

今日、自分が幼稚園を見た瞬間「幼女」という単語を思い浮かべるまでに落ちぶれたことに気づいてしまい愕然としました。

-
動態視力占いというものにハマり。
占いというよりもうただの動体視力チェッカーなのですが。
表示秒数0.1秒で7個まではいけるように。それ以上はちとキツい。

-
今日の検索ワード

僕はハルちゃんには手を出したことありません。



2003年03月13日(木)
産経_

どこも著作権の話で持ちきりですなー…。

-
「アバレ」と「暴れ」は似て非なるものだったんすね。今まで気がつかなかった。

-
<今週の「週刊 鉄道の旅」>

久大本線と高千穂鉄道。高千穂鉄道は写真の1/3が高千穂橋梁(日本一高い(105m)鉄道橋)のものだというのが潔くてよろしいです。

-
驚異のスペック要求(ネタ元:俺ステイツさん)

CPUもメモリもウチのマシンじゃ無理ですな…。いや別にやりたいわけでもありませんが。
しかし画面写真を見ても一体これのどこが1280*1024を要求するのかが分かりません。それに「パソコンコン」って何だ。

-
今日の買い物
二ノ宮知子「のだめカンタービレ」5巻 KCキス 講談社
八神健「ななか6/17」10巻 少年チャンピオンコミックス 秋田書店
八神健「ななか6/17+〜八神健傑作集〜」 少年チャンピオンコミックス 秋田書店



2003年03月14日(金)
ギギ_

"SF Japan"立ち読んだんですが、ついに次からは温帯がSF大賞の審査員から外れるらしいですね。
ようやく、という感じですが。機関銃が懐かしい。

-
リファラに"***.co.jp"みたいなログが残ってると、「俺をあんたの会社に入れてくれ…」と思ってしまう今日この頃。
だめぽ。

-
そういえばささだあすか「片恋生活」を買い忘れてるなぁ…。
角川ホラー文庫の作品群も買わねば。

-
今日の買い物
石田敦子「魔女レーナマジョりーな 完全版」 Daitoコミックス 大都社



2003年03月15日(土)
アバレ治療_

サークルの追いコン。
同期の某友人が、しばらく前まで2chの某スレで「神」と呼ばれていたのに今は「キモッ」と言われているという話を聞いて大笑い。
しかも彼、「霧舎よりは面白いラブコメミステリ」を書いたらしく「これでメフィスト賞を取る」と息巻いておりました。人生色々だ。

-
明日のアバレンジャーが楽しみで仕方ありません。なにしろ話のタイトルが「アバレ治療 ジャジャジャジャーン」ですからな。もはや日本語かどうかも怪しい。

-
少し油断すると1位になるな…。困ったものです。

-
コレについて語りたかったりもしたのですが、ちと時間がなく。明日は面接。はぁ。



2003年03月16日(日)
アバレアバレアバレ続けろ_

アバレ555ヒカリアンと見てから某書店の採用面接へ。
志望者の中にマルキシストが居たのが印象的でした。「ソ連も中国も本当のマルクス主義じゃなかったから崩壊した」ってマジで言ってる人久々に見ましたよ。

-
で録画しといたの後で見ました。今日のギャラージェル。

<第47話>
エンジェル隊の身勝手さを描いとくとシナリオの出来がとりあえずそれなりに安定しますね。
>アニメージュによると、これを最終回にする予定もあったという…
という話ですが、それだとしたらちと最終回としては弱かったでしょうな…。

<第48話>
まあショタ話だとこんなものか(なんかエラそうですね自分)。

-
アバレンジャーのCD買ってきました。いや、この曲サイコーですわ。
出だしが何故か静かなピアノで始まるのも意味不明で素晴らしい。よーし今日から俺もアバれるぞー(虚ろな目で)。

おや?

-
この検索結果も気になるところではあります。
これも。

-
書こうと思って忘れてた、ちょっと気になったこと。
>本屋の利益は価格の一割程度というのがほとんど。
えーと、新刊書店では本の利益は基本的に価格の20〜25%です。まあこれでも「書店のマージンが低い」という事実は変わらないんで、わざわざ言うのもなんなんですが。

なお、注文タグは確かに1枚数円のキャッシュバックがあるものが多いですが、一部(主に大手出版社のコミック)の注文タグではこのキャッシュバックはありません。

-
今日の買い物
「ギャラクシーエンジェル オフィシャルコミックアンソロジー」 ブロッコリー
 角川から出てたのに続いてこんなのまで買ってるよ俺。
内容は、基本的にアニメ版の(一部そうじゃないの混じってますが)設定を元にしたアンソロジー。出来はうーんとしか言いようがありません。あからさまにアニメ見てなさそうな人とか居りますし。
あ、愁☆一樹が描いてますんですがさん一つどうですか?



2003年03月17日(月)
書店バイトって奴_

例えば小林泰三作品とかを買ってく人が居ると、それだけで1日のレジ打ちが割と楽しくなります。

-
そういや今週のトーハン週報に、「漆原友紀『バイオ・ルミネッセンス』を回収」とあったんですがなんぞ問題でもあったんですかねアレ?

-
一昨日書いたこの話ですが、私の意見は木川キムネさんのそれとほぼ同じだったり。いくら日頃仕入れというものをしない業界だからって、自店におけるハリポタ既刊の売上数を把握してりゃ新刊の売行ぐらい予想つくだろうにとしか言いようがありません。
で、小宮日記さんへのツッコミになってしまうんですが、買切商品は配本されません。書店が注文した数だけ入荷するようになってます。
今回ハリポタが買切になったのは「ベストセラー倒産」を避けるということと「取次の意向に関わらず書店に本が行き渡る」ことを目的としたものだと思うのが妥当だと思います。


ちなみに私のバイト先はあんまり在庫を抱えてなかったり。「買切品はハリポタだろうと買わない」という見事な経営姿勢の成果です。これはこれでトホホ。岩波仕入れろ。

-
今度はタイピングか…。また百合だといいなあ…。



2003年03月18日(火)
アバアバアバアバ_

一昨日の面接は不採用でつた。
思えば、他の面接参加者はまともなこと訊かれてたのに私だけ鉄道とマンガの話をひたすら訊かれたという時点で何かがおかしかった。
「貴方にとって、「これだけは売れない」というマンガを3つあげてください」言われて「逆境ナイン」「お迎えです。」「銀のロマンティック…わはは」と答えてしまったのもまずかったのかも知れません。まあいいや。済んだ事だ。

-
アバレンジャーのEDは、2番以降の歌詞が「やられてばかりの時だってあるさ」とか「意気がって負けたって また次があるさ」とか妙に弱気になってるのが微笑ましいですなぁ。

-
サークル(漫研)の部誌用に「まんがタイムきらら」全作品レビューとマンガ1ページを書き。
マンガの方は素面になって読み返したら余りにつまらなかったので破り捨てました。
「書いてる最中は『面白い』と思っていたのに仕上がったものを見たらつまらなかった」というのは無残ですね。



2003年03月19日(水)
_

アニメ化…。これは、ついに工画堂の時代が来たということなんでしょうか。あうあうあ。

-
ああ、昨日のに追記。「売れない」ってのは「持っているマンガの中で、絶対に売り払う気がない」っていう意味です。誤解を招く書き方でありました。

-
湯川光之さんのレビュー読んだら「魔法遣いに大切なこと プライマル」が読みたくなりました。すごく。

-
国際政治と軍事については偉そうなこと言えるほど詳しくないんであんま今度の戦争の話をする気はないんですが、辻仁成のポエム(ネタ元:もりげコラム)は面白かったです。流石ブンガク者は言うことが一味違いますね。げらり。
とりあえず、"らば"なのか"ろば"なのかははっきりしてもらいたいものです。まー似たような(ラバはロバと馬の1代雑種)動物ですが、一応違いますかんね。

-
今日の検索ワードその1。欲望に忠実です。
その2。「製図」ってのが分からない。



2003年03月20日(木)
ぷかり_

あー戦争始まった…。

-
「違法ドラッグ買いませんか?」というメールが届き。
い ら ね え よ。メジャーだけで充分…。

-
<今日の検索ワード>

え、えー!? 確かにどこのギャラージェルサイト眺めても「買った」という話見かけませんですし、bk1でもamazonでもesbooksでもjbookでも見かけませんが…。

-
bk1から荷物キター。

-
今日の買い物
小林泰三「家に棲むもの」角川ホラー文庫
小林泰三「人獣細工」角川ホラー文庫
牧野修「ファントム・ケーブル」角川ホラー文庫
北野勇作「ハグルマ」角川ホラー文庫
天野こずえ「ARIA」2巻 ブレイドコミックス マックガーデン
高橋敏也/城久人「PCコマンド ボブ&キース」3巻 ソフトバンク
ささだあすか「片恋生活」 白泉社レディースコミックス



2003年03月21日(金)
定めなき世の定めだぜ_

昨日来たスパムはいろんな所に一気に送信されてたらしく

-
あ、こーきちさんが買ってらしたの失念してました。すみません。

-
エレカシのカバーアルバム「花男」(あ、松本大洋の「花男」って、タイトルをエレカシの曲から取ってたんですね)を買いました。

肝心の内容ですが、正直微妙。スピッツの「一期一会」なんかに比べるとちょっと…。うーん。
卓球と怒髪天以外知らないってので興味がイマイチ削がれてるというのもあるんですが、やはりボーカルが宮本でないというのは予想以上に痛い(卓球のはremixなんでこれには該りませんが)。
なんというか、宮本の声質の凄さというものをあらためて感じてしまいます。まあ「so many people」「浮雲男」「男餓鬼道空っ風」は割と良かったと思いますけれど。ん、元曲が好きなだけか。

で、それはともかく、この中に「遁生」という曲が入っておりまして、これのオリジナルは私聴いたことがなかったんですが、今回初めてその歌詞を知って驚きました。少し引用します。

これから先は死ぬるまで 表へ出ないで暮らす人。
 たまに表へ出る時も タバコと散歩に日をつぶす。

ゴロリと寝ころぶ頭上には 積み上げられた本の山
 苦しみ無き身のむなしさよ 浮かぶ未来は苦しげで…。

誰かが俺に訊いている 「お前は何故に引きこもる?」
 俺は何も答えずに 引きつる笑顔を向けていた。


これ'90年の歌なんですよ。現在の「引きこもり」ブームを10年以上前に先取りしていたとは…。
私は昔から「エレカシは筋少とか電気とかと同じくらいヲタのメンタリティに合うバンドだ」と主張し続けてきたのですが、今回ので確信しました。やっぱ宮本浩次はすげえ。

-
そういえば、昔は筋少とか電気とか、あるいは遊佐未森とかZABADAKとか谷山浩子とか、ヲタが聴く音楽に定番というものがあった気がするのですが、最近そういうのない気がしますね。
オタク第2世代と第3世代の差なのか、それとも最近そういうアーティストが出てこないだけなのかは分かりませんが。

-
ところで、「宮本浩次」という名前を見ると「世界ノ全テ」を思い出してしまいます。

-



2003年03月22日(土)
気分はもう園川_

とりあえず今日の日記を読む前にここをクリックしてください
渡世の義理です。

-
生まれて初めてオフ会というものに行って参りました。
滅・こぉるファン倶楽部」主催の「滅・こぉるを囲む会」です。初めて行くのがコレって。狂ってます。
参加者は、メインゲスト滅・こぉるさん、ミステリ界では数少ないガラクシストの茗荷丸さん、謎の(と言っておく)滅・こぉるファン倶楽部管理人((;゜Д゜)ガクガクブルブル55号さん。そして私。
さらに、飛び入りゲスト(名前を出して良いのか分からんのでとりあえず伏せときます)某さんまで。
「スゴイ面子だなあ」と感心したのも束の間、冷静に考えると私が浮いてます。
気分としては、例えて言うなら「開幕投手に園川がいる」という感じでしょうか(「開幕2戦目の先発に菊地原」「開幕3戦目の先発にレイノソ」でも可)。

そして実際に飲み会が始まってからはなんというか、圧倒されっぱなし。
特に滅・こぉるさんと某さんの会話はすげえとしか言いようがなく。入り込む隙など無し。
私にできたのは全員にメッコールをプレゼントすることぐらいでしたよ。

場所を移しての2次会では、某さんご紹介で更なるゲストまでいらっしゃって、耳血が出そうでした。「オフ会」ってこんな刺激が強いものだったのですか。いやはや。
しかし楽しい会合でした。就活のアドバイスまでして頂きまして。皆様本当にありがとうございました。

-
そういえば、滅さんは私のことを30代だと思われてたらしく。茗荷丸さんも最初私のことを年上だと思われてたらしいですし。
何故でしょう。

-
あ、「ごきげんよう」って挨拶するの忘れてた。



2003年03月23日(日)
ゲゲーッ_

昨日は気づいたら寝てて、起きたらもう昼近くになってました。
いやアバレとギャラージェルは録画予約かけてたんで問題ないんですけれど。

-
しかしアバレはスゴイですなあ。「アバレ治療!ジャジャジャジャーン」に続いて「アバレアイドル老け娘」ですからなぁ…。センスが尋常じゃない。

-
来週で 終わりですねの ギャラージェル。
<第49話>
戦隊もののパロディ。久しぶりにスカっと笑える回でしたね。
ビデオ録画の都合でアバレ見た直後に見たので笑撃が倍。

あ、タイトル「戦隊づくし」なんですね。最初気がつかなかった。

<第50話>
ミル蘭萌えエピソードか。
ギャラージェルとは思えないあまりにも綺麗にまとまったオチでビックリしました。

-
し、死神博士が……。合掌。

-
嘘だと言ってよ日記にて紹介されてた替え歌に笑い。
「ブッシュ ブッシュ ダンダンダダン」は反則です。

-
コールアンドレスポンス。大丈夫、私も今まで「DEAD OR ALIVE」の存在に気づいてませんでしたから。ははは。
あーそういや、いい加減「エレファントカシマシ」とか「浮世の夢」辺りのアルバムも買い揃えたいなぁ。

SIONは今度探してみます。



2003年03月24日(月)
円滑なコミュニケイション 素晴らしいインスピレイション_

しかしウチの店はなんでマリみて仕入れませんかねー。

-
<今週の「週刊 鉄道の旅」>

10号目。高山本線と氷見・城端線。
駅弁紹介など、鉄道旅行雑誌として押さえるべきポイントは押さえてる感じ。只見線の時のようなひどい回はここのところないのでまあ安心です。
しかし「中高年の旅と癒し」がテーマ(トーハン週報で講談社がそういってました)の雑誌をなんで買い続けるかな自分…。

-
そういや、松井がメジャー行ってしまったんで、コロコロコミックでやってる「ゴーゴーゴジラッ! マツイくん」がどうなるか気になってたんですが、装い新たに「モリモリっ! ばんちょーキヨハラくん」ってマンガになってました(「モリモリっ」ってのは筋肉のことを指してるらしい)。
21世紀にもなってまた「キヨハラくん」ってタイトル見れるとは思わなかった。

-
エレカシの「奴隷天国」は何度聴いてもいいですなー。
元気が出てくる。



2003年03月25日(火)
みんなまとめて月水金曜に所定の場所だよ生ゴミは_

ここのところ「スパゲティ大量にゆでて、1/3にケチャップ、1/3にマヨネーズ、1/3にお好みソースかけたもの」ばっか(3日に1遍ぐらい)食ってます。
こんなもんばっか食ってたら死にますね。金さえあれば…。
もっと働くか本買う金を飯に使えというツッコミはなしの方向で。

-
星雲賞候補が発表されとりますね。

国内部門の個人的な予想。

長編
◎ 太陽の簒奪者/野尻抱介
○ グラン・ヴァカンス/飛浩隆
△ あしたのロボット/瀬名秀明
× 微睡みのセフィロト/冲方丁

短編
◎ おれはミサイル/秋山瑞人
○ 素数の呼び声/野尻抱介
△ 希望ホヤ/石黒達昌
× リングワールド/秋口ぎぐる

まー「太陽の簒奪者」-「おれはミサイル」で鉄板だとは思いますが…。

-
ヘンタイ度チェックエッチ度チェックやってみたんですが…。

結果がコレコレってのはあんまりです。
棒グラフが尋常じゃないことになってるんですが。数値がまったく同じだし。

-
今日の買い物
関田涙「蜜の森の凍える女神」 講談社ノベルス
 メフィスト賞受賞作買うの「六枚のとんかつ」以来ですよ。先日、滅・こぉるさんに強く薦められたので購入。
…読んでる途中で壁に全力で叩きつけました。

いやぁ、つまんないつまんないつまんないとたっぷり聞かされたことによる先入観を差っ引いてもつまんないですわ。構成とか文章とかトリックとか全体的にしょぼい。「いかにも犯人でーす」って書かれ方してる奴がホントに犯人ってのも捻りがなくてどうかと思いますよ。

もっとも、私は「つまんない」というだけならそれ程には腹を立てない人間です。つまんないのが嫌いならエド・ウッドの映画なんて見ませんし(「プラン・9・フロム・アウタースペース」はまだダメさが笑えるからいいですけど、「グレンとグレンダ」なんて本気で退屈ですから…)、「週刊 鉄道の旅」を毎週買ったりしません。
小説というジャンルのみに関しましても、日記には書きませんが、富士見ミステリーとか集英社スーパーダッシュ辺りからよく出てる糞ラノベをそれなりに読んでるので耐性はある程度ついてますし。

じゃあなんで壁に叩きつけるほど腹が立ったのかといいますと、この小説、途中に「チャーミングな女子高生探偵からの挑戦状」(原文ママ。帯より。チャーミングて)が挿入されるんですが、そこで

 当を得ない間怠っこしい比喩、だらだらとした無意味な描写、間の抜けた観察眼、バレバレの伏線、面白味のない構成、おまけに中学生の作文のような文章ってなわけだから、読み続けるのはとっても苦痛だったでしょう。
 手の平がしっとりと汗ばむようなスリルとか、トイレに立つのを躊躇っちゃうような怖さとか、地の文を飛ばしてまでも先を読みたくなるようほどの魅惑的な謎、なんてのがあれば、多少の粗は許せるんだけど、生憎そういうのが決定的に欠如しているから、悲しいことに救いがないわね。


などとぬかしよるんですよ。

なんなんですかこのエセ自虐は。私は「自虐」は好きですが「エセ自虐」は好かんのですよ(余談ですが、いーちゃんの「自虐」が好かんのもこの「エセ自虐」の匂いがするから)。
あえて断言しますがこれは自虐でもなんでもない。読んだ人間に「そんなことないですよ〜面白かったですよ〜」とでも言わせることを第一目標とし、さらにもし「ホントにつまらん」と言われた時は「そんなことはもちろん分かってるよハッハッハ」と余裕ぶることで批判をかわしたつもりになる、そのためのアリバイづくりを第二目標とする醜悪な言い訳です。
(私もたまに言ってしまうことなので自戒を込めて言いますが)「俺ってダメだからさ〜」などと言って気を引こうとするのと全く同じ。
いやしくもプロの作家が、しかも作中で言っていいようなことじゃありません。今すぐ作家やめれ。


こんな素敵な小説を紹介してくださった滅・こぉるさんには、お礼に上田志岐「ぐるぐる渦巻きの名探偵」(富士見ミステリー文庫)をお薦めしたいと思います。自分で自分のことを「屈折した人間」などとほたえるあとがきがサイコーに素敵なミステリーですよ!

え?富士見ミステリーはミステリーじゃない?いやいや、存在自体がミステリーですよあのレーベルは…。



2003年03月26日(水)
ヲタ学校_

東浩紀氏が私の高校のOBだったと気づき。
そういえば昔にそんなことを聞いた気もしたんですが、その頃はまだ「動ポ」も発表されてなかったんで「東浩紀?知らないなー」とか思ってたような…。

しかしウチの高校はよく分からんOBばっか輩出するなあ…。野田秀樹とかケンイシイとかたてかべ和也とか…。

-
そういややってなかった。各所で話題の色占い

結果は青でした。「冷静沈着コンピューター」ですと。
で、詳細。

積極性
★★★
15 %
論理的計算性

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

90 %
協調性
★★★★★★★★★★
50 %
やさしさ
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
90 %
野心度
★★
10 %
お金への執着度
★★
10 %
恋愛積極性
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
90 %
現実逃避性
★★
10


これまた随分極端な…。オールオアナッシングって感じですね。
しかし積極性と金への執着以外の数値は納得いきませんなー。
野心がなきゃサイトなんぞ開きませんし、今は就活という現実から逃避しまくってますし。むー。
大体、恋愛積極性がそんな高かったらヤラハタになんかなってねえよ!

-
某所で見つけてちと笑ったAA。元ネタ知らない人はほわほわさんのここ見ると良いでしょう。

         し!     _  -── ‐-   、  , -─-、 -‐─_ノ
  80 ア    // ̄> ´  ̄    ̄  `ヽ  Y  ,  ´     )   ア え
  年 カ    L_ /                /        ヽ   カ  |
  代 が    / '                '           i  !? マ
  ま 許    /                 /           く    ジ
  で さ    l           ,ィ/!    /    /l/!,l     /厶,
  だ れ   i   ,.lrH‐|'|     /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、_iヽ
  よ た   l  | |_|_|_|/|    / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/   / ,-- レ、⌒Y⌒ヽ
  ね の    _ゝ|/'/⌒ヽ ヽト、|/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ      ,イ ̄`ヾ,ノ!
   l は  「  l ′ 「1       /てヽ′| | |  「L!     ' i'ひ}   リ
        ヽ  | ヽ__U,      、ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,      ヾシ _ノ _ノ
-┐    ,√   !            ̄   リ l   !  ̄        ̄   7/
  レ'⌒ヽ/ !    |   〈       _人__人ノ_  i  く            //!
人_,、ノL_,iノ!  /! ヽ   r─‐- 、   「      L_ヽ   r─‐- 、   u  ノ/
      /  / lト、 \ ヽ, -‐┤  ノ  キ    了\  ヽ, -‐┤     //
ハ キ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`hノ  )  モ    |/! 「ヽ, `ー /)   _ ‐'
ハ ャ   ヽ/   r-、‐' // / |-‐ く    |     > / / `'//-‐、    /
ハ ハ    > /\\// / /ヽ_  !   イ    (  / / //  / `ァ-‐ '
ハ ハ   / /!   ヽ    レ'/ ノ        >  ' ∠  -‐  ̄ノヽ   /
       {  i l    !    /  フ       /     -‐ / ̄/〉 〈 \ /!



2003年03月27日(木)
右往左往であくびして_

>V林田氏とは初対面だったが、予想していた通りの人だった。どういう予想だったかは秘密だ。

気になりますなぁ…。

-
<今週の「週刊 鉄道の旅」>

今週のメインは山陰本線。
といってもあのクソ長い路線を全部書ける由もないんで、城崎〜米子あたり(要は鳥取・兵庫の部分ですね)を中心に記事が書かれています。まあ餘部鉄橋とカニずしがあるのを考えると当然でしょうか。
個人的には山陰本線は山口県のあたりが好きなんで(飯井駅とか風情があって良いですよ)ちょっと残念ですかなー。写真だけは山口県部分のもちょっと載ってるんですがね。

サブはそろそろ潰れるとの呼び声も高い一畑電鉄。
ここは、元南海ズームカー21000系と元京王5000系が走っているわけですが、それを指して「ともに名車と称えられた車輛で、鉄道ファンでなくてもご記憶の方は多いだろう」と言ってるのが面白く。
ズームカーはまだ関西の人なら分かりそうですが、京王5000系と言われてパッと分かる非鉄ヲタはおらんでしょ。

-
アニメ版「ななか」の最終回を見。
いやいや、良いアニメでございました。2クールやってほしかった気持ちはありますが。
途中何回か見逃したのが痛恨の極み。

-
今月のSFM購入。

-
<今日の検索ワード>

潔癖な人のようです。

-
今日の買い物
TONO「チキタ☆GUGU」4巻 眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 朝日ソノラマ
 前巻も大概容赦のない内容でしたが、今巻も容赦ありません。秋山瑞人より容赦ないですよ…。こんな形でニッケルを殺しますか。新キャラ(次巻で死にそうな気もしますが)ペトラス皇帝も良いキャラしてます。うあー。
傑作です。読んでない人はいまから全巻買い揃えるべし。

唐沢なをき「BURAIKEN」 ビームコミックス エンターブレイン
 初期作品の復刻。巻末に水玉螢之丞さんが解説マンガ描いてます。しかし水玉さん最近SFMで見ないけど何やってるんですかね。



2003年03月28日(金)
あーマリみて買い忘れてる_

バイト先、手塚治虫マガジンが全然売れません。4日で4冊しか売れてない。
まだ20冊近く残ってるんですが…。

-
プロ野球が始まりましたんで、セリーグの順位及びどんなことが起こるかの予想をば。

1位…1001組
 井川が大車輪の活躍。MVPに。
 藪・谷中・下柳の三銃士が大活躍(巨人の項参照)。
 シーズン途中、近鉄からビーンボール要員として高村(毎年イチローにビーンボール投げてた彼)を獲得。
 今岡が首位打者に。だが0盗塁で「日本一鈍足の1番打者」の名を恣にする。
 シーズン後、無茶がたたって井川故障。そのまま復活することはなく「今中二世」と呼ばれるようになる。

2位…巨人
 阪神・下柳のビーンボールで阿部がクラッシュ。
 阪神・藪のビーンボールで二岡がクラッシュ。
 阪神・谷中の魔球東尾ボールで仁志がクラッシュ。
 阪神・下柳のビーンボールで今度はペタがクラッシュ。
 復帰した二岡、今度は横浜・福盛のビーンボールでクラッシュ。

3位…中日
 クルーズやっぱりダメぽ。
 岩瀬の腕が折れる日がついに。
 何故か福留が2年連続のゴールデングラブ。
 
4位…ヤクルト
 ペタが抜けりゃこんなもの。

5位…広島
 新井が広島市民球場でソロアーチを量産。本塁打・併殺・三振・失策の4冠王に輝く。
 福地が代走で30盗塁。盗塁王に。
 小山田が変化球を投げられるようになる。
 田中のスローカーブがストライクゾーンに入るようになる。
 東出の華麗なプレーは今年も健在。
 緒方が自爆。
 前田が自爆。
 野村が自爆。

6位…大洋
 古木が人知れず頑張る。
 福盛が阪神三銃士を抑えて死球王に。

こんなとこですか。しかし最近、阪神ファンやめて広島ファンになりたい気持ちで一杯です。
あとは坪井よ日ハムで頑張ってくれ、とかしか。夢も希望もありゃしない。

-
日本VSウルグアイ戦を録画予約し忘れてバイトに出かけてしまい凹み。
レコバ…。

-
今日の買い物
佐渡川準「無敵看板娘」3巻 少年チャンピオンコミックス 秋田書店
みなぎ得一「足洗邸の住人たち。」2巻 ガムコミックス ワニブックス
雁屋哲/由起賢二「完全版 野望の王国」8巻 ニチブンコミックス 日本文芸社



2003年03月29日(土)
クレしん劇場版はやっぱいいっすなぁ_

蒼トリ設定資料集売ってない。ギギ…。

-
ここを見る限り、色占いは紫の人が多いですね。なんとなく分かる気もしますが。

-
やっぱカープは面白いですねぇ。
昨日の前田セーフティーバントという奇跡(*1)もビックリしましたが、ピッチャー高橋が決勝のタイムリースリーベースって何なんですか。
しかもリリーフに新人永川使ってますし。小山田は?
何故あの球団は山内や沢崎やカンエイの悲劇に学ばないんでしょ。

*1…カープ前田は、かつては快足の持ち主だったが両足のアキレス腱断絶などで完全に壊れ、今では球界屈指の鈍足になってしまっている。その遅さは、「何で俺がヒットを打っても2塁から生還できねえんだ!」とロペスがキレて殴りかかってしまうほど。

-
しかし阪神のコレも意味分かりませんなー。「堅実の働き蜂」ってなんか怒首領蜂みたいでカッコイイですが。

-
<今日の検索ワード>

「アニメ」がよく分からない。



2003年03月30日(日)
のどばかりやたら乾く_

ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜が単行本出るんですか。…そうですか。

-
ついに最終回。今週のギャラージェル。

<最終話>

「あ、でも今日最終回ですよ」になるかなるかと思わせといて最後までならないシリアス話。意表はつかれました。
が、シナリオの出来がこれじゃあ……! ちと展開に無理というかご都合主義がありすぎでしょう…。
最終話で、30分丸々使ってシリアスというなら、もうちょいちゃんとした話にしてほしかったというのが正直な感想です。ギャグならシナリオの出来が多少ぐだぐだでも許せてしまうんですが、シリアスだとどうしても採点が厳しくならざるを。
あ、あと先週の次回予告は?


そして「にょ」が始まるのか…。

-
個人的には、今期のガラクシは12月〜1月上旬あたりが一番面白く感じましたかな。ちょうどメーモンから主題歌変更までの間。
主題歌が変わってからは正直ちとダレたかと…。

-
アバレは全くアホで良いですな。
アバレッドって名古屋人だったんですね。素晴らしい。

どうでもいいですが、ラストシーンで走ってる電車、西鉄に見えて仕方ないんですが。違うかな?

-
今日の買い物
熊倉隆敏「もっけ」2巻 アフタヌーンKC 講談社
今野緒雪「マリア様がみてる 真夏の一ページ」 集英社コバルト文庫
長谷川裕一「マップス」5巻 メディアファクトリー文庫



2003年03月31日(月)
人間こういう日もありますって! ねえ!_

そこはあえてマジレスしたんですよ! いやウソですが。

                     r'⌒ヽ
                 /´ ̄l、_,/}:\
                /__ィ::.  ゝ~_ィ´:; ,ゝ
                (T´ |1:::.  \_>、};;_」
                  ! ` ̄''ァ一 、\ ヽ} 
               〈` ̄ ̄^`¬ノ .::〔 ̄´   
                   1  ヽ   .:::レ  ヽ、   
                |_イー-、_;;j|_:.   ゝ、
                __,,,... -- |. {―――‐フゝ、   〉 --- ...,,,__
        _,, -‐ ´       ,r|__ト,    1ニノ ー'´       ` ‐- ,,
               └―'´

まー証拠は隠滅しましたけどね! あははあはあは。あははは…。

-
考えてみれば、滅・こぉるさんは鉄道好きなんだから「ぐるぐる渦巻き」よりも「ちけっと・2・らいど!」を薦めておくべきだったかも。


しかし富士見ミステリーってホントに訳分かりませんね。「浪漫探偵・朱月宵三郎」とか「ショットガン刑事」とかが面白いことは面白いですけれど、これらもミステリーとは言い難いですしなー。

-
<今日の検索ワード>

やっぱり売れてないのか…。

-
今日の買い物
にざかな「B.B.Joker」5巻 ジェッツコミックス 白泉社
 これにて完結。特別企画の実写マンガが大変に気持ち悪くて良い感じでございます。



キーワード



V 日記ログ
shiromuku(fs)DIARY version 1.03