不定記 [exa5] 

exa5 TOP

about/V's diary/Morige Diary/FAZ Column/BBS/InfiniTrain/Link/ant/?D

<< 新システムドライブ。(SNVP325) | main | Hybrid OCZ controller (rev.0) >>

続・RealSSD C300

といってもスクリーンショットの追加ぐらいなのですが。

HD Tune Pro 4.01(Full test,Most Accurate,64KB)
6Gbps(msahci):なぜか変な温度になります
C300_6G_seq

C300_6G_seq2
HD Tune ProではReadが低く出ます。Writeの落ち込みは各先行レビューよりかなり軽微ですが、多少傾向が違うのか、測定環境の違いかはわかりません。



C300_6G_random_read
C300_6G_random_Write
Random Access R/W。大体各レビューと同じ傾向の様です。

Random ReadとWriteをちょっと一部わけて見てみる。
C300_6G_4_512_read
C300_6G_512_idle_read
512byteと4K ReadのTimeがほぼ同じ所にあります。
そしてしばらく放っておいてから512byteのWriteをテストしたとき、応答時間がバンドの上下にばらつきます。Access Timeが長めなのもあわせて、4KB以下ではCombine的な処理を入れてるのかもしれません。
全体的に傾向も見てみると、このファームウェアはわりとバックグラウンドでの処理に頻繁に入るようにしてるのかな、と思わなくもないところがあります(体感はぜんぜんできないのでベンチで見ないと分からないのですが)。

C300_6G_extrea_read
C300_6G_extrea_write
HD Tune Pro 4.0から追加されたExtra Testの結果。といっても基本コレはHDD向けのテストなので、参考程度に。テストサイズが大きければ300MB/sを超えてることや、SSDらしく"内周"、"外周"へのアクセスがだいたい同じ結果になっているところが特徴でしょうか。



3Gbps(ICH9R接続)時にHD Tune Proの結果が変になる例はこちら。
C300_3G_1MB_Error
C300_3G_1M_Success
Readで(1枚目の)こんな結果がでる時があります。(Randomではほとんど引っかかるのでまれではないようです)グラフの縦軸を見れば分かるように試行中の一回を100秒近く待ってこんな事になってるようです。
まあ取り直すと二枚目のように正常に取れるのですが。6Gbpsではおきません。環境依存かどうかは他の環境で十分に確認してないのでなんとも。
 <追記>
どうも環境依存なのか、同じ・別のPortでテストしたVertex LEも同じ現象が発生しました。FTM64GX25H、TOSHIBA、JMF612二つなどでは問題ないのでNCQ周りじゃないかも。

おまけ。1.5Gbps時(ICH9RからeSATAブリッジで1.5Gbpsに)のCDM結果。
ss326.png
Tech | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks